不妊治療から妊娠・出産までのリアルブログ

辛い不妊治療を乗り越えて、可愛い天使に出会えるまでの記録

クロミッドは体重が増加する!?

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

今回は、『クロミッドは体重が増加する!?』について記事にしたいと思います。

 

以前にも「クロミッド」の副作用について、紹介をしました。

babycome.hatenadiary.jp

今回は、その中でも体重増加について紹介したいと思います。

 

 

 

私自身は体重が増えた

 

私は、クロミッドを服用して不妊治療を行っていましたが、クロミッドを服用してから体重が増えました。1年半で約6キロ程体重が増加しています。

 

また、ネットでも「クロミッド」「体重増加」と調べると、同じように「クロミッド」で体重が増えたという方が沢山いました。

 

この体重増加は「クロミッド」の副作用なのでしょうか。

 

クロミッドの副作用

 

クロミッドの副作用は、視覚症状・頭痛・情緒不安・悪心・嘔吐・食欲不振などがあります。

その中で、体重増加というのは何を調べても出てきません。

そのため、「クロミッド」が直接的な副作用で体重が増加しているとは、考えにくいのです。

 

クロミッドで体重が増加する理由

 

クロミッド」を服用すると、卵胞刺激ホルモンの分泌が増えます。

卵胞刺激ホルモンとは、妊娠を準備するためのホルモンです。女性は妊娠するために、身体に脂肪を貯めこむようになります。

それによって体重が増えると考えられています。

 

クロミッドで注意すること

 

以上のように、直接的な関係ではないですが、「クロミッド」を服用することで間接的に、体重増加の可能性があります。

急な体重増加は、妊娠を妨げます。「クロミッド」を服用すると、体調も優れないため大変ですが、継続的な体重管理に気を付けましょう!

 

f:id:paddy0920:20190522224658j:plain

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。

今日から復活!お休みすみません!

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

前回スッキリでの不妊治療特集をご紹介しました。

babycome.hatenadiary.jp

シリーズの3回を更新するとお伝えしていたのに、長い期間お休みを頂いてしまい申し訳ございませんでした。。。

長いこと体調を崩していました。。

梅雨明けと同時に体調も復活しましたので、今日からしっかりと記事を更新していきたいと思います!!

 

夏の楽しみといえば、ビールを飲んだり外でBBQをしたりですよね!お祭りに行って出店でいろいろ食べ歩くのも楽しいですよね!

 

私は不妊治療中の時は、ビールを飲んでも良いのかと悩んだり、罪悪感を感じながら少しだけ飲んだりしていました。

でも、妊娠した今思うは、不妊治療中だからといってアルコールが与える影響は少ないです!与える影響が大きいのは、ストレスです!

 

妊娠が出来た場合、長期間アルコールは飲めません。

今は今を楽しんで、夏のイベントを満喫して頂きたいと思います。

外でBBQをしながら美味しいビールを飲んで、思いっきり笑ってこの夏を過ごして下さい。

f:id:paddy0920:20190730170306j:plain

ママが笑っていることが一番効果があります。

そして、夏休みを使って是非旅行にも行きましょう!今まで頑張ってきたのだから、夏はリフレッシュタイムに使っても良いのではないのでしょうか。

 

私も不妊治療中に、海外旅行に行きました。シンガポールとオーストラリアです。

日本にいると、どうしても不妊治療について考えてしまう、でも思い切って海外に行くと、凄くリフレッシュできました!

そして旅行中は思いっきりビールを飲みました!

 

この夏は皆さんにとって楽しい夏にしてもらえたら嬉しいです!

明日からまた、記事を復活させます。お時間があれば読んで頂けたら嬉しいです。

 

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。

スッキリでの不妊治療特集1日目

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

前回『不妊治療中の運動には水泳がお勧め!』をご紹介しました。

水泳は、有酸素運動運動と合わせて筋力トレーニングも出来ますので、基礎代謝を上げ、ダイエット効果があります。また、水の中にいることで、今の悩みを忘れることができるので、リラックス効果もあります。

babycome.hatenadiary.jp

 

さて今回は、『スッキリでの不妊治療特集1日目』について、記事にしたいと思います。

平日朝の報道番組「スッキリ」で、今日から3日間不妊治療の特集を行っています。

 

 

 

「スッキリ」で特集する効果

 

私は、「スッキリ」のような影響力のある番組で、不妊治療ついて特集してくれることをとても嬉しく思います。

今の日本は、不妊治療認知度が低すぎます。どのような治療をしていて、どのような弊害があるのか、治療している人がいかに孤独な戦いをしているかを、もっと多くの人に知ってもらう必要があります。

 

「スッキリ」であれば、影響力があります。特集を通して、多くの方に知ってもらえるようになるのではないでしょうか。

そう願っています。

 

今日の特集内容

 

治療方法

体外受精、顕微授精治療方法を実際に病院の視察をして、最新情報を伝えていました。

病院は木場公園クリニックです。最新医療設備が整っていました。

治療方法は基本的な内容でしたので、今不妊治療している方は皆さんが知っている内容だと思います。ただ、スタジオの皆さんのリアクションを見ていると、治療経験のない方には、新鮮な情報なんだなと感じました。

 

治療スケジュール

体外受精、顕微授精の場合どのようなスケジュールになるのか、木場公園クリニックの先生がカレンダーを使いながら丁寧に教えてくれました。

この話しに入る前に、視聴者からの声として、治療スケジュールが厳しく仕事を諦めて、パートに変えたという話しを紹介していました。

私も、自身の昇進の話しを断り、治療に専念するため、パートになりました。治療の経験がないと何故そんなに通院が必要なのか理解が出来ないかと思います。

今回カレンダーを使いながら、テレビで紹介をしてくれたことで、少しは理解が深まったのではないでしょうか。

 

治療費

➡治療費の説明では、体外受精約30万円、顕微授精約40万円と説明がありましたが、実際は30万円40万円で収まることはありません。体外受精するまでの注射や薬、卵子凍結代、胚盤胞代等含めたら、100万円近くはかかります。成功報酬の病院であれば、体外受精代金だけでも成功すれば60万円近く発生する病院もあります。

費用のところは、もう少しリアルな金額を伝えて欲しかったというのが感想でした。

 

放送を見て感じたこと

 

本日放送の中で、番組MCの加藤さんが

不妊治療には保険を適用させるべき、3割が無理でも5割負担でも良いから対応すべき」

との意見を言っていました。

厚生労働省の保険適用に対する意見としては、

不妊は疾病でないから」だそうです。目的が治療ではなく、妊娠が目的だからということでした。

治療を好きで行っている訳ではないのに、この理由は酷いです。加藤さんのような意見がもっと広がってくれることを願っています。

 

また、視聴者からの意見で

「学校では、妊娠についての授業はあっても、不妊についての授業はなかった」

という意見がありました。その通りだと思いました。

誰にでも不妊になる可能性があります。それまでの生活が原因の可能性もあります。もっと早めに不妊について教えて欲しかったですね。。。

 

今回第1回目でしたが、影響力のあるとても良い内容でした。

次回は「男性不妊」についてです。平日なので、実際に見て欲しい職場の方達は見ることが出来ないのが残念ですが、これがきっかけで少しでも不妊治療の認知度が上がってくれたら嬉しいです。

 

f:id:paddy0920:20190531211652j:plain

 

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。

不妊治療中の運動には水泳がお勧め!

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

前回『クロミッドの副作用』をご紹介しました。

クロミッドは、排卵を誘発するのに必要な薬です。ただ、排卵誘発剤にはそれなりに副作用があります。私は、頭痛・嘔吐に苦しみました。副作用があまりに辛い時は、無理をせず病院の先生に相談して下さい。

babycome.hatenadiary.jp

 

さて今回は、『不妊治療中の運動には水泳がお勧め!』について、記事にしたいと思います。

 

 

 

水泳の効果

 

私は不妊治療をしているとき、水泳始めました。始めたと言ってもジムに行き、自由に泳ぐだけです。ただ泳ぐだけでも、沢山の効果が水泳にはありますので、説明します。

 

基礎代謝が上がる

 

水泳は、普段陸上では使わない筋力使うため、全身の筋力運動になります。

そのため、筋力量が増加し、基礎代謝が上がるのです。

以前に冷え性ついて記載をしましたが、基礎代謝を上げることは、冷えにも効果的であり、妊娠し易い身体作りにも繋がります。

 

ダイエット効果

 

不妊治療には直接的には関係がないかもしれませんが、水泳はダイエットにとても効果的なのです。

水泳は、有酸素運動、筋力トレーニングどちらの要素も兼ね備えているのです。

有酸素運動をしてから、筋力トレーニングをする必要なく、水泳だけで綺麗な筋肉を付けることが出来るのです。

 

リラックス効果

 

水に浮いていることは、リラックス効果があります。

また、水の中にいると余計なことを考えることがありません。不妊治療のことや仕事のこと、沢山の悩みと共に過ごしていると思いますが、水の中では無になれるのです。

私はそれが心地よくて水泳に通っていました。

 

まとめ

 

妊娠し易い身体を作るには、冷えの改善やストレスを溜めないことが大切です。

そのために効果的なのが、水泳です。運動しながら基礎代謝を上げて、水中でリフレッシュしストレスを解消する。このように水泳には沢山の効果があるのです!

何か運動したいという方や、日常を忘れてリフレッシュしたいという方がいれば、是非水泳を始めてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:paddy0920:20190706175405j:plain

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。

クロミッドの副作用

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

前回『人工授精はどんな治療?』をご紹介しました。

不妊治療が始まり、本格的に通院が始まる最初のステップが人工授精です。タイミング方を行ってもなかなか妊娠出来ず、体外受精には抵抗がある方や、精子に問題がある方にはお勧めです。

ただ、どちらも当てはまらないという方には、私の経験上、なるべく早めのステップアップをお勧めします!

babycome.hatenadiary.jp

 

 

さて今回は、『クロミッドの副作用』について、記事にしたいと思います。

 

 

クロミッドとは

 

クロミッドは、排卵誘発剤です。排卵に異常がある場合に処方されます。

私は、排卵が自力では難しかったため、人工授精の段階からクロミッドを飲んでいました。

クロミッドは、人によって副作用の有無が異なるため、副作用がある方も全くないという方もいます。

私はこのクロミッドの副作用が本当に辛かったです。。。

 

嘔吐

 

クロミッドの副作用で私が一番辛かったのは、嘔吐です。

クロミッドを飲み始める排卵前のタイミングから、嘔吐に苦しみました。

特に薬を飲み始めて3日目からが酷かったです。

不妊治療中は、立ち仕事で動き回っていたので、嘔吐しながら仕事をしていました。

 

頭痛

 

嘔吐の次に辛かったのは、頭痛です。

とにかく頭が痛くて、何もする気分になりませんでした。

この頭痛も薬を飲み始めて3日目から特に酷かったです。

 

まとめ

 

 

クロミッドの副作用は、その他にも沢山あります。人によって症状は異なりますが、副作用は辛いです。薬の副作用は薬を飲まないという方法しか解決策がありません。

ただ、排卵が自然に難しい場合は、薬に頼るしかありません。

あまりに副作用が強い場合には、病院に相談をして別の薬に変えてもらうことをお勧めします。

 

f:id:paddy0920:20190503194750j:plain

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。

人工授精はどんな治療?

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

前回『不妊治療に対する日本企業の実態』をご紹介しました。

今の日本の企業では、不妊治療に対する制度が不足しています。ただ、今制度をしっかりと用意している企業もあります。

制度の中身も大切ですが、制度があるだけで、不妊治療で戦っている人は会社に相談し易い環境になります。

 

babycome.hatenadiary.jp

日本全体で、産休育休と合わせて不妊治療でも休暇が取り易い環境が整うことを願っています。

 

さて今回は、『人工授精はどんな治療?』について、記事にしたいと思います。

 

 

 

人工授精とは?

 

精子を人工的に子宮内に注入する治療方法です。

人工的に子宮内に入れるため、卵子精子が受精する確率を高めます。

 

人工的に注入はしますが、受精は自然に任せるため体外受精と比較をすると、確率はそこまで高くありません。

タイミング法後のステップとして、行う方が多いです。

 

人工授精が特に必要ない場合

 

人工授精は、受精は自然と変わらないため、精子に問題がない場合は、自然妊娠と特に変わりがないため、あまり意味をなしません。

もちろん確率は上がりますが、私の経験上では、精子に問題がなければ早めに体外受精を行った方が、最終的な予算的な負担は軽減できると思います。

 

ただ、不妊治療の中でも体外受精・顕微授精には抵抗があるという方は、まず人工授精から行っても良いと思います。

 

人工授精の回数

 

人工授精では90%の方が、4~6回の間に妊娠します。それ以上行っても確率は上がりません。通常4~6回行ったら、体外受精へのステップアップを勧められます。

 

まとめ

 

人工授精は、人工的に精子を子宮に注入するため、通常よりも受精の確率は高くなりますが、ほんの僅かです。精子に異常がない場合には、人工授精をしたからといってあまり変わりません。

私は実際に5回の人工授精と1回の卵管内人工授精を経験し、体外受精・顕微授精にステップアップしています。

実際に経験して思うことは、もっと早めにステップアップしておけば良かったという思いです。

 

人工授精からのステップアップのタイミングは、なるべく早めの判断が良いかと思います。

 

不妊治療は時間が大切です。そして、体外受精は抵抗がありますが確率も格段に上がるのも確かです。時間と予算に合わせてステップアップのタイミングを二人で話し合ってみて下さい!

病院の先生は、あまり積極的にステップアップを勧めません。自身の判断が大切です!

 

f:id:paddy0920:20190615230710j:plain

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。

不妊治療に対する日本企業の実態

こんにちは。 

初ママpaddyです!

いつも私のブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

                                             

体外受精」「顕微授精」を行い、数年間の辛い辛い不妊治療を乗り越えて、現在妊娠をすることができました。

仕事のキャリアも諦め、多額の支払いにも頭を抱えました。

 

そんな中、治療で病院に行くことで最も驚かされたのは、私同様に不妊で苦しんでいる人が日本にいかに沢山いるのかということです。

正直不妊治療は経験をしないと、辛さは分かりません。

私は今となっては貴重な経験が出来たと思っています。この経験を生かして、今不妊治療で苦しんでいる方の少しでも力になれればと思い、記事を書いています。

 

私の場合、主な原因は「甲状腺機能低下症」でした。大きな病院に転院し、甲状腺の検査をしたことで、原因が分かりました。

一度治療を休み、まずは数か月甲状腺の治療に専念して少し改善することが出来たことが、今無事妊娠出来た要因であると思っています。

 

前回『不妊治療をして良かったこと』をご紹介しました。

不妊治療は辛いです。ただ、この経験はマイナスな面だけではありません。一つの問題に取り組むことで、夫婦の絆は深まりますし、人の痛みを知ることで人間として優しくなれます。

 

babycome.hatenadiary.jp

辛い経験はしない方が良いですが、辛い経験をしたからこその成長があるはずです。

 

さて今回は、『不妊治療に対する日本企業の実態』について、記事にしたいと思います。

 

 

職場理解の難しさ

 

不妊治療を行う上では、職場に内緒にし続けるのは難しいです。長期になればなるほど、嘘をついて仕事を休むことが出来なくなっていきます。

ナイーブな内容なので、内緒にしたいという方も多いかと思いますが、職場にはしっかりと伝えた方が、自分自身が確実に楽になります。

 

ただ、今の日本では不妊治療への理解が足りていません。

妊娠中や出産後であれば、急な休みや時短を認めてくれますが、不妊治療は制度として認められていない企業が多いです。

不妊治療は病気でもないため、「自分が好きで行っているだけでしょう」という心無い言葉をかけられることもあります。

 

日本企業の現状

 

現在日本の企業の中でも、不妊治療について制度を設けている企業もあります。ただ、厚生労働省の調べによると、大半の企業が特に制度もなければ、特別な対応をしていないということでした。

そのため、不妊治療をしている方の90%以上の方が、仕事の両立は困難であると思っています。

そして、多くの方が最終的に退職をしてしまっています。

 

実際に行っている企業の対策事例

 

不妊治療休職制度

体外受精・顕微授精の場合、最長1年間の休職が可能。

・出生支援休職制度

不妊治療を目的として、最長1年休職が可能。

・執行年休の積立休暇制度

➡失効した年次有給休暇を積み立て、不妊治療のために特別休暇(有給休暇)として利用できる

不妊治療貸付制度

体外受精・顕微授精・精巣内精子生検採取法などに要する費用を貸し付け、給与天引きの形で返済する。

こうのとりサポート制度

不妊治療及び養子縁組に要した費用について、12万円/年、最大5年間。合計60万円まで補助する制度

・共済会補助金制度

不妊治療に要した費用が5万円を超えた場合に、5万円まで共済会が拠出する制度。

 

以上は、厚生労働省調べです。

 

まとめ

 

日本では、まだまだ不妊治療に対する認知度や知識が足りていません。そのため、不妊治療で苦しんでいる人は、なかなか会社に伝えられず、多くの方が両立を困難に感じ退職しています。

 

退職者の多くは、「出来れば働いていたかった」と思っている方が大半です。

 

そんな中で、少しではありますが、不妊治療にたいする制度を独自に作っている企業もあります。制度の中身も大切ですが、制度があるというだけで、今不妊治療をしているという事実を会社に伝え易くなります。

 

今後は更に多くの企業で、不妊治療に対する制度を作る必要があります。

産休・育休と合わせて、不妊治療休暇も認められるような世の中になってもらえたら、救われる人が沢山いるのではないかと思っています。

f:id:paddy0920:20190701174345j:plain

 

私の記事が少しでもあなたの力になってもらえたら嬉しいです!

最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

今後こんな記事が欲しいや、こんな情報が欲しいという方がいればお気軽にコメント下さい。

知識が足りなければ、精一杯調べて記事にしたいと思っています。